治験開始のお知らせ

4.治験参加の意義と得失

 治験に参加することは、同じ病気で苦しむ多くの患者さんに対し救いの手を差し伸べることが出来るかもしれない、人類愛に満ちた、医学・医療の進歩に自身を参加させる 崇高で気高い行為なのです。臨床試験までたどり着いた治験薬はそれ相応にこれまでの薬剤では得られない有効性を期待しうる薬剤なのですから、治験参加により最先端の有用な治療を受けられる可能性があります。
 また、これまで以上に綿密で精細な診察も受けられますし、一部経済的なメリットもありえます。他方来院回数が増え、採血などの検査も増え、併用薬剤の制限もあり、更には想定外の副作用発現により不利益を蒙る可能性も否定しえません。最悪の場合副作用による死亡の危険性も皆無とは申せません。
 従いまして治験参加の諾否は医師および治験コーディネーター(CRCと言います)と呼ばれる職種から十分な説明を受け、十分納得した上で決定してください。もし治験に御参加いただけなくとも現状で最善の治療は継続いたしますし、また、いったん治験参加に応諾いただきましても、いつでも取り消すことは出来ますし、その事によって何の不利益も蒙りません。

▶初めに
▶治験とはなにか
▶治験は何故必要か
▶治験参加の意義と損失
▶国立病院機構いわき病院で治験を行う意義

このページのトップへ