治験開始のお知らせ

1.初めに

国立病院機構いわき病院受託研究審査委員会委員長 診療特別顧問 尾田 宣仁

 これまで人類は、健康で長生きできる社会をめざし数多くの病魔と闘い、それらを克服してまいりました。いまやワクチンの全世界的な接種により天然痘は地球上から姿を消し、日本でも猛威をふるい多くの小児の手足を永続的に麻痺させたポリオ(小児麻痺)もあと一息で絶滅できるまでになりました。
 また20世紀後半まで前途有為の若者の命を無残にも奪い、業病とも恐れられた結核もストレプトマイシンを初めとする各種抗結核薬の開発で治癒可能な感染症となりましたし、慢性関節リューマチに対しましても関節変形を招くのを防止する生物学的製剤と呼ばれる薬剤が登場し、大きな成果を挙げております。
 また現在死因第1位である癌に対しましても、副作用が少なく効果の大きい抗癌剤が続々開発され、中にはある種の白血病のように治癒可能なものも出てきました。心臓ペースメーカーの登場と、その性能向上はどれだけ多くの心臓病患者さんの生活の質を向上させたか想像に難くありません。
 縄文・弥生時代の日本人の平均寿命は20歳代であったと推定されておりますし、江戸時代〜明治時代ですら30〜40歳代であり、第二次世界大戦以前でも50歳代前半でした。
 現在の私たちが健常で長寿な生活を享受できるのも、このような医薬品、医療機器の開発、応用、発展があり、それを私たち個々人に対してまで還元できるようにした、先人たちの努力と犠牲があったればこそなのです。

▶初めに
▶治験とはなにか
▶治験は何故必要か
▶治験参加の意義と損失
▶国立病院機構いわき病院で治験を行う意義

このページのトップへ