「月刊ととろ」第176号 web版

 台風21号による近畿地方への高潮被害、北海道胆振東部地震による大規模停電をおこしたブラックアウト。
 被害に遭われた方々へ謹んでお見舞い申し上げます。
 当方も北海道出身なので動揺を隠せず、いわき病院も震災を経験しているとはいえより一層防災意識の向上に努めなければいけないと痛感しております。
 さて、新病院の工事につきましては植栽関係を残してはいますが、ほぼ完成状態であり、消防検査や建築検査もつつがなく進めているところです。
 残すは本部完成検査での大がかりなチェック作業ですが、施工業者共々気を引き締めて取りかかる所存であります。
(文責: 業務班長)

 

-1-

平成30年度 いわき地域医療セミナーについて

 いわき市では、地域医療を担う優秀な人材を大学と連携し育成することを目的として「いわき地域医療セミナー」を実施しており、そのセミナーのカリキュラムのひとつである医療型障害児入所施設の施設見学が、8月8日に当院で開催されました。
 当日は福島県立医科大学3年生11名、帝京大学医学部3年生1名の計12名が訪れ、院長講話、病院内見学、意見交換が行われました。
 院長講話では、当院で行っている神経難病医療、重症心身障害医療、ロボットスーツを使用したリハビリテーション及び来年2月に移転開院する予定となっている新病院についての説明があり、病院内見学では神経難病・重症心身障害病棟を見学しましたが、医学生が神経難病の患者さんとの文字盤等を使いコミュニケーションを図った際に、患者さんからは「将来、立派なお医者さんになって、自分達の病気を治してね。」と声を掛けられていました。リハビリテーションについては、実際に医学生がロボットスーツを着用し体験してもらいましたが、「すごい!」といった驚きの声があがりました。
 最後に当院の医師、看護師、理学療法士、児童指導員との意見交換会を行い、医学生からは様々な質問や感想があり有意義な3時間でした。引率の先生からは来年も見学を受け入れていただきたいとのお言葉をいただき、当院におきましても引き続き地域医療への貢献となればと考えております。
事務部長 : 佐藤 修一

 

喀痰吸引等研修

 いわき病院では平成26 年度より「介護職員等による喀痰吸引等研修(第三号)」に取り組んでいます。この研修は本来医療職のみが対応可能な痰の吸引や経管栄養等の医療的ケアを介護職の方々にも行っていいただくためのものです。これらの医療的ケアは日常的に頻回に必要であり、かつ安心・安全に行われなくてはなりません。介護職の方々にも研修を受けていただくことで、これらの医療的ケアを含んだサービス提供が可能になり、患者様のQOLの向上へとつながります。
 本研修は基本研修と実地研修のセットとなります。基本研修は年3 回、受講希望が多数あった場合には追加でも行い、実地研修は適宜申し込み時に対応しています。基本研修では副看護師長が中心となり講師を担い、座学とシミュレーター(模擬患者人形) を使用した実習で懇切丁寧に指導しています。
 今年度は残り1 回、11/29 ~ 30 の予定で、9月末から受付開始です。本研修の趣旨をご理解いただき多数ご参加いただければ幸いです。お問い合わせは医療相談室までお気軽にどうぞ。
医療相談室MSW : 小野 可奈子
-2-

高校生一日看護体験

 7 月25 日、男子1 名を含む、11 名の高校生が一日看護体験のために来院されました。看護師を目指す高校生達は、白衣に着替えたところから、大変嬉しそうでした。看護師の基本である手洗いでは、洗い残しを目で見て確認し、意外に洗えていない事に驚く様子は、かわいらしさがあふれていました。車椅子での移送や食べ物を飲み込む力が弱い方への食事援助について自分自身で体験してみると難しさも感じたようです。最初は緊張も見られましたが、徐々に笑顔になり、積極的に患者さんに話しかける姿が印象的でした。
 意見交換では、「看護師の気分になれた」「看護師の笑顔があると患者さんも楽しそう」「ふつうに食べられることの幸せを感じた」などの意見が聞かれ、看護について関心を高めることができたようです。私たちも若くエネルギッシュな高校生たちに元気をいただきました。
第1 病棟 副看護師長 : 齋藤 久美子

 

平成30年度第2回地域連携研修会に関するお知らせ

筑波大学大学院人間総合科学研究科 准教授山田 実先生にフレイル・サルコペニアの予防・改善や、運動と栄養と有用性等に関する御講演を頂く予定です。 多数のご参加をお待ちしております。

日  時:平成30年11月月227日 (火) 18 : 30~19 : 30 (予定)
講演内容: 「フレイル ・サルコペニアの予防・改善や、 運動と栄養と有用性」 (仮称)
場  所:いわき市総合保健福祉センター  1階多目的ホール
講  師:筑波大学大学院人間総合科学研究科 准教授 山田 実先生

 

-3-

NHO PRESS~国立病院機構通信~について

 いわき病院は、全国141 病院からなる国立病院機構(NHO :National Hospital Organization) のひとつです。
 NHO では各病院の活動を紹介する『NHO PRESS』を発行しています。
 外来待合室などに設置しています。ぜひご覧になってください。
 国立病院機構ホームページでは最新号と過去の『NHO PRESS』を掲載しています。

 
 

↑クリックで拡大

-4-