「月刊ととろ」第175号 web版

 猛暑と台風、ダブルパンチの8月ですが、いわき病院移転新築整備工事は工期の遅れも無く、9月末の竣工に向けて大詰めを迎えているところです。建物の外観はほぼ完成し、外構の舗装や照明、植栽といった外側の一部と、内装の仕上げ作業に残った時間を費やしております。
 各職場長による病院見学も実施し、移転に向けた作業に追われながらもモチベーションを上げるのに一役買ったのではないかと考えております。
 来年2月の移転に向けてより一層頑張らねばと自身を鼓舞する毎日です。
(文責: 業務班長)

 

-1-

休日の療育活動

 今年で5 回目を迎えました、この活動。はまぎく病棟は6 月16 日( 土)、はまなす病棟は7 月28日( 土) に各病棟で行いました。なかなか外出できない患者さんにとってご家族との交流は大きな喜びのひとつです。しかし、ご両親の高齢化が進み、面会に来られなくなっているご家族も少なくありません。そこで、休日に行事を行い、特にご兄弟との関わりを多く持ってもらう機会としてこの休日の活動を続けています。毎年、ご兄弟の参加は決して多いとは言えませんが、ご家庭の中でこの行事をきっかけにお話をしていただくだけでもご兄弟の意識を高めていただけるのではないかと思って行っています。
 はまぎく病棟では22 家族29 名の参加、そのうち兄弟の参加は、7 名でした。「あべコロッケ」さんをお招きし、あそびうたコンサートを行いました。保育士が普段行う手あそびやリズムあそび等を、おもしろおかしく笑いとともに提供してくださり、家族で触れ合いながら楽しい時間を過ごす事が出来ました。
 はまなす病棟では14 家族25 名の参加、そのうち兄弟の参加は7 名でした。「加藤ちゃぼ」さんをお招きし、ラテン音楽で使用する見たこともないような大きな楽器を使いながら、リズムあそびを行いました。なかなか難しいリズムも、家族と一緒に、手を取りながら鳴らす事が出来て楽しそうな笑顔がたくさん見られました。
 午後は、想い出のDVD 鑑賞を行いました。昨年1 年間で撮った写真の中から、よい笑顔を見せてくれた写真や、活動中の写真などを使用しムービーを作成しました。鑑賞中は普段あまり見せない表情や、笑顔のステキな写真、また、自分の家族の写真だけではなく、顔なじみの患者さんのかわいい表情などに歓声が上がりました。写真を選ぶのも、ムービーを作るのもとても大変ですが、みんなが喜んで見入ってくれている姿を見ると、また、1 年、良い表情を見せてくれるように頑張ろう!と思います。
 今年も、笑顔のあふれる1 年になりますように!
保育士 : 伊藤 加奈子

 

-2-

平成30年度第1回地域連携研修会


 

佐藤千鶴子前看護部長叙勲

 佐藤千鶴子前看護部長さんが、長年にわたり看護の発展に尽くされてきた功績に対し、平成30 年4 月瑞宝単光章を受章されました。いわき病院でも、看護の質の向上に力を注がれ、新病院建築では、設計や準備にご尽力されました。この度の受章を職員一同心から喜んでいます。
おめでとうございます。

 

-3-

秋まつり開催のお知らせ

 第11回いわき病院 「 秋まつり 」 を9月29日 (土曜日) に開催することが決定いたしました。 詳細につきましては、 後日ホームページ等でお知らせしますので楽しみにしていて下さいね、 今年もたくさんのご参加をお待ちしております。
秋まつり実行委員会

 

 


↑クリックで拡大

-4-