神経内科のかかりかた

 頭痛、しびれ、脱力などは、脳神経の不調からくる症状と考えられています。頭痛やめまいでは脳外科、手足の脱力やしびれなどの場合は整形外科に行くことを考えますが、実際は手術をせず、薬で治療する場合が少なくありません。脳神経を内科的に治療する科としては、神経内科、心療内科が思いつきますが、精神科がより専門的な治療をする場合もあり、実際、どこへ受診したら良いか、迷うことが少なくありません。
 目安として、精神的なストレスがかかると悪化し、気分がおちこんで動けない、眠れない、考えられない、身の回りの音が、人の声に聞こえるなどの症状があるときは精神科へ、同じくストレスによって、頭痛、しびれ、脱力のほかに、めまい、腹痛、動悸、呼吸困難などの症状が加わる場合は、心療内科へ、ストレスによっても頭痛、しびれ、脱力があまり変わらない場合は、神経内科への受診が良いでしょう。
 神経内科が専門的に治療している病気には、頭痛、脳卒中、てんかんほか、手足がふるえ、上手に歩けなくなるパーキンソン病や、全身の力が入らなくなるALS(筋萎縮性側索硬化症)などの神経難病があります。

 頭痛には、大きく分けて片頭痛、緊張頭痛、群発頭痛の3タイプがあります。片頭痛は、心臓の拍動とともにズキズキもしくは、ガンガンと痛みます。数時間から2日間ほど続くことが多く、頭痛が始まるときに光が見えたり、吐き気が続いたりすることがあります。動くと痛みがひどくなるため日常生活に支障をきたします。飲酒がきっかけになったり、女性では月経周期との関係がみられたりします。緊張頭痛は、ズキンズキンとは痛みません。後頭部が重く感じられる程度の痛みもあれば、こめかみから孫悟空の輪のように、頭全体がしめ付けられ、くびの周りの痛み、肩こりを伴うものまであり、毎日のように続くことが特徴です。この二つが合併すると、年中頭痛があり、たまに動けなくなるほどの痛みがして寝込むようになります。また群発頭痛は非常に珍しい頭痛で、数ヶ月から数年までの間隔で頭痛発作群発期を繰り返し、目の充血、涙や、鼻水を伴います。期間は1か月から数ヶ月間続き、期間中は1時間程度の頭痛発作がおこり、痛みのあまり食事おろかトイレにもいけないような状態となります。そのほか、軽い頭痛でも頭痛薬を連用するためおこる、薬物乱用頭痛というのもあります。いずれも繰り返すのが特徴で、専門的治療によって症状が軽くなりますので、神経内科を受診するとよいでしょう。
 脳卒中は、ある日のある時からぼーっとする。右半身もしくは左半身に力が入らず、手が上がらない、物を持ちあげられない、上手に歩けない、転んでしまう、ほかに言葉が出ない、発音がおかしい、よだれがこぼれる、ムセて食事ができないなどの症状が急速に悪化していきます。脳の血管が詰まって血液が流れなくなる脳梗塞と、血管が破れて血液が周囲にあふれ出す脳出血が起こっているものと考えられます。手足、のど、口をうごかしている脳の重要な部位に十分な量の血液が届かないために起こります。動脈硬化をおこしていることの多い糖尿病、高血圧、高脂血症(中性脂肪やコレステロールが高い)肥満症の患者さん、喫煙される方などに発病しやすいことがわかっています。治療はできるだけ早く開始する必要があり、進行予防と、リハビリテーションをおこないます。(当院ではできませんが、発症直後であれば血栓を溶かして血管の再開通させる治療ができる施設もあります) 脳卒中の症状が現れても、一日以内に良くなってしまう場合があり、一過性脳虚血発作という脳梗塞の前兆と考えられています。一日以内に何度も繰り返す場合は脳梗塞が迫っており非常に危険な状態です。しかし治療によって脳梗塞になるのを防げる可能性があります。いずれにしても、脳卒中の症状がうたがわれる場合は、かかりつけの先生にすぐに相談してください。

 神経難病には、パーキンソン病、ALS、筋無力症、多発筋炎などがあります。手足に力が入らない、上手に歩けず、転んでしまう。発音がおかしい、食事中にムセるなど脳卒中と同じような症状がみられます。しかし脳卒中との違いは、週単位、月単位でゆっくりと症状が確実に進行し続けること、症状が片半身だけではなく全身に見られることなどです。歩くのや、食べるのが多少遅くなっても生活に支障を来すようにならないと受診せず、またレントゲンや血液検査でも異常がないため、診断が遅くなりがちです。実際、転んで骨折をして整形外科から紹介されたり、ムセて肺炎を繰り返し内科から紹介されたりして初めて神経内科を知った患者さんもおられます。
 難病と言われるのは、進行を止めたり、完治させたりする治療法がないためですが、しかし症状を和らげる治療や合併症を予防するリハビリテーションがあります。痛みを伴わない原因不明の脱力や、ムセなどが進行する場合は神経難病の可能性もありますので、主治医の先生に神経内科への受診を相談してみてはいかがでしょうか。

 神経疾患にはいろいろな症状があります。まずは、どの科を受診すべきか、わかりにくいときは受診前に病院へ問い合わせるとよいでしょう。その際には、いつ頃から、どんな症状がでて、どこに受診して、いまどうなっているなどのメモが役立ちます。問い合わせる時だけでなく、受診の時も用意しておきましょう。

神経内科 會田 隆志

このページのトップへ