各部門のご紹介

診療部のご紹介
診療科目
内科、神経内科、外科、脳神経外科、小児科(小児神経疾患)、リハビリテーション科
- 特 色 -

1.内科、外科、脳神経外科、リハビリテーション科
地域医療(脳血管障害、循環器、一般内科、糖尿病等)を幅広く取扱い、リハビリテーションにも実績を上げております。

2.神経内科
神経難病(筋萎縮性側索硬化症、多発性硬化症、脊髄小脳変性症、パーキンソン病等)を担当しております。また、平成17年6月からは福島県重症難病患者療養支援ネットワーク事業基幹協力病院として、重要な役割を担っております。

3.小児科
重症心身障害児(者)に対する医療の専門施設として位置付けられており、80床を担当。
ショートスティも取り扱っております。

副院長  鈴木  栄 (内 科)

 専門は循環器科内科です。
 心臓病や高血圧症の診断・治療や心臓超音波検査、運動負荷試験、ホルター心電図検査等を主に行い、動脈硬化の診断として頚動脈エコー検査等も行っております。 
 この他、高脂血症。糖尿病など内科一般の診療も行っております。このような生活習慣に関連する病気は、塩分・水分・カロリー摂取量などの栄養管理が極めて重要であり、必要とされる食事指導も随時行っております。
 患者さん本位の診療を心掛けておりますのでよろしくお願いたします。

看護部のご紹介
第一病棟
患者さんとご家族に丁寧な説明を心がけています。

神経内科病棟です。筋委縮性側索硬化症(ALS)、脊髄小脳変性症(SCD)、パーキンソン病等神経難病の患者さんが入院しています。神経難病は長期療養を余儀なくされますが、家族と過ごせる時間を大切に考え、退院後も在宅で、患者さんとご家族が安全安楽に過ごせるように家族指導を行うなど、他職種と連携を図りながら入院生活を整えています。また、ボランティアや介護ヘルパー指導の受け入れ、訪問看護も行い、地域との交流も大切にしています。

第三病棟
他部門と協働し患者さんのニーズにそった看護を提供しています。

神経内科と一般内科の病棟です。他部門と協働し、それぞれの専門性を活かしたチーム医療を提供しています。看護は日常生活援助が主ですが、常に患者さんの立場にたって考え、快適な生活がおくれるよう援助しています。また、長期的な治療のため精神的サポートは欠かせません。プライマリ―ナースは自覚と責任を持って積極的に患者さんや家族とコミュニケーションを図り、ニーズにそった看護が提供できるよう努力しています。

重症心身障がい児(者)病棟(はまなす・はまぎく病棟)
患者さんの「持てる力」を大切にして温かい看護を提供しています

はまなす

はまぎく

重症心身障がい児(者)病棟は子供から大人まで80人の方が入院しています。自ら訴えることが困難な患者さんに寄り添い、細やかな観察を行い、安全安楽に楽しい日々を過ごすことができるよう努めています。児童指導員・保育士・介助員と共にチームとして連携し協力しながら、季節を感じて頂けるよう、バスハイクやクリスマス会、成長を祝う成人式などを計画し楽しんで頂いています。また、他部門と協力しながら摂食機能訓練にも力を入れQOLの向上を目指しています。在宅支援としてショートステイも受け入れています。

外来・中央材料室
継続看護に努めています

外来診療は、内科・神経内科・外科・小児科があります。主に神経難病疾患・小児神経疾患等により、運動機能障害、麻痺等のある患者さんの安全に十分注意を払いながらの看護を行っています。外来は、他職種との連携を密に図り、安心して、診療や検査・リハビリ等がスムーズに行えるよう支援しながら、退院サマリーを活用しての継続看護に努めています。患者さまのQOLの向上を大切に考え、患者さんやご家族の声に耳を傾け、温かい看護の提供をこころがけています。中央材料室は、安全な器材と衛生材料を提供しています。

このページのトップへ




在宅医療
在宅訪問医療をしております

当院は福島県重症難病患者医療支援ネットワーク基幹協力病院に指定されています。訪問看護ステーションヘルパーの研修等の受入を行いながら神経難病患者さんの在宅医療が続けられるよう支援しております。

在宅医療

 神経難病に共通していることは、病気の進行に伴い、運動・呼吸・嚥下・コミュニケーションなど多岐にわたる機能が傷害され、後遺症を残すことです。また、進行の過程では生命を維持するために気管切開や人工呼吸器装着、経管栄養などの医療処置が必要となるため、在宅においても常に医療と密接に連携しながら療養者の安全性を図りQOLの向上に向けた援助が必要となります。また、療養者のQOLもそれぞれであり、訪問看護では在宅に於ける安全性を図りながら療養者の思いが生活の場で実現できるよう援助することが重要です。

在宅看護の実際

当院では平成17年2月から在宅医療をスタートさせました。医師・看護婦・理学・作業療法士らと共にALS患者さんの在宅医療を行っています。地域の医療機関と連携をとりながら、緊急時には当院に入院できるよう患者さんの状況を把握していきます。また、家族のサポートも重要であり、短期入院を利用していただきながら在宅療養の支援活動を行っています。関連職種と共に患者さんの在宅での思いに応えていきたいと考えています。

■医療従事者と連携し、チーム医療の推進を図ります。

※ ALS(筋萎縮性側索硬化症)とは

運動神経系が選択的に障害される原因不明の神経変性疾患である

このページのトップへ




各委員会紹介
看護部の諮門委員会として下記の委員会及びチーム活動があります。
- 教育委員会 -

看護職員の資質の向上に向けて、下記の研修に取り組んでいます。
フレッシュ研修・・・新採用者対応
プリセプター研修・・・新・中途採用者の教育指導
リーダー(リフレッシュ)研修・・・病棟の中核となる看護師
エビデンス研修・・・全職員を対象に演習を主とした研修今年は呼吸理学療法と吸引です。
看護体験を語る会(キラリ看護)・・事例による意見交換会
看護助手研修・・・講義・演習など
ケーススタディ・・・卒後2年目対象
看護研究発表・・・全病棟からの発表

- 看護記録検討委員会 -

患者さん・ご家族と共に情報を共有しより良い療養生活を支援するため、看護に必要な情報や経過のわかる記録の充実を目指して看護記録の整備や教育に取り組んでいます。

- 看護業務委員会 -

適切な看護サービスが実施されるよう3つの事項についてそれぞれにチームを設けて活動しています。各職場での実際的な業務改善、スタッ フ教育、指導が主な役割となっています。
1.医療安全対策チーム
2.院内感染対策チーム
3.医療サービス向上検討チーム
その他

- 褥瘡対策委員会(院内の委員会) -

全入院患者について、入院時及び必要に応じて日常生活の自立度を判断し、褥瘡発生の危険を有する状態にある入院患者について、褥瘡対策に関する診療計画を作成し実施する為に設置されました。対策チームは、医師・看護師・栄養士・薬剤師・医事により構成され、各病棟における褥瘡対策の実施状況を把握し、適切な対策が実施されるよう定期的にレポート作成及び指導にあたっています。

※各委員会の活動については次回にお知らせします。





研修等の受入状況について
研修受け入れ

・訪問看護員養成研修者実習
・在宅ALS患者への介助技術
・保健師・看護師・ホームヘルパー研修
・難病臨床研修

研修企画

・呼吸理学療法の実践
・呼吸ケア勉強会
・人工呼吸器の取り扱い方
・神経難病とは

講師派遣

・ホームヘルパー2級養成へ
・難病臨床看護研修(県主催)へ

ボランティア

・サマーショートボランティアスクール
・ボランティア体験
・職業体験
・高校総合学習
・地域の方々

薬剤科のご紹介 (薬剤師3名)
業務内容
調剤業務…

医師によって発行された処方せんに基づき、患者さまののために薬を調製する業務

注射薬調剤業務…

医師によって発行された注射処方せんに基づき、配合変化や相互作用などを確認し、取り揃えを行う業務

製剤業務…

高カロリー輸液などをクリーンベンチを使用し、無菌的に調製する業務

医薬品情報管理業務…

「医薬品の適正使用」に貢献するため、医師や看護師などの医療スタッフからの薬に関する問い合わせに答えたり、緊急にお知らせしなければいけない情報を、その都度、発信する業務

薬剤管理指導業務…

入院されている患者さまのところへ薬の効果や食べ物との飲み合わせ、副作用が出ていないかなどのお話をうかがう業務などが挙げられます。



患者さまに安心してお薬を飲んでいただけるように、日々、がんばっております。
お薬のことで何か気になること、聞きたいことがございましたら、気軽にお声かけください。

リハビリテーション科のご紹介

リハビリテーション科は14名のスタッフ(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・歯科衛生士)が常勤しており、患者様のQOL(Qoalitiy of life:生活の質)を向上させるため、日々、業務に取り組んでいます。
主に、パーキンソン病・筋萎縮性側索硬化症(ALS)・脊髄小脳変性症(SCD)といった神経難病、重症心身障害児(者)の方々を対象に介入しています。

スタッフ構成

理学療法士:7名 
作業療法士:4名 
言語聴覚士:2名
歯科衛生士:1名
※平成27年4月現在

疾患別施設基準

脳血管疾患等リハビリテーションⅠ、運動器リハビリテーションⅠ、呼吸器リハビリテーション料Ⅰ、障害児(者)リハビリテーション 

各部門の詳細は、下記をクリックして下さい。

理学療法

理学療法は病気、けが、高齢などによって運動機能が低下した状態にある方が対象となります。運動機能の維持・改善を目的に、体操などの運動療法や電気刺激・マッサージ・温熱などの物理療法を用いて治療を行います。

- 当院理学療法室 -

- 業務内容 -

①神経難病患者様に対する介入
当院では、一般病棟の神経難病を中心とする患者様に対し、例えば、すくみ足や小刻み歩行、運動失調など、疾患の特性に合わせた筋力やバランス、持久力をつけるトレーニング、体の使い方や歩行の方法、補助具の選定のアドバイスをしています。


また、血圧が下がりやすい方に対し起立台、筋力の低下が著明な方に対してスリングといった器具も使用しています。



②在宅復帰支援
必要に応じて、介助方法の指導、退院時の在宅への訪問指導、退院後の外来フォローも行っています。

③重症心身障がい児(者)に対する介入
重症心身障がい児(者)病棟では、現在の身体状況の維持・改善、また、日常生活での姿勢や動作、車椅子や坐位保持装置の作成に対するアドバイスなど、入院生活を快適に送る事ができるように支援しています。

このページのトップへ



作業療法

作業療法では、身心に障がいのある方に対して、主体的な活動の獲得を図るため、諸機能の回復・維持・再獲得を目的に、機能訓練・作業活動・環境調整等の支援を行います。

- 当院作業療法室 -

- 業務内容 -

①コミュニケーション支援
筋萎縮性側索硬化症などの進行性運動麻痺により、発声や書字ができなくなり、コミュニケーションが困難な方に対して、意思伝達装置や透明文字盤を使用して会話やパソコン操作が行えるように支援します。「伝の心」、「話想」等の意思伝達装置、各種入力スイッチやセンサーを用意しています。又、ケースによっては手作りのスイッチやホームコールの改良も行っています。

②日常生活動作支援
筋力の低下・運動麻痺等、様々な原因により、食事や整容等の日常生活が困難な方に対して、その原因を分析し、関節可動域運動、機能訓練、動作練習、自助具・福祉用具の検討を行います。

③上肢機能訓練
様々な道具や作業活動を利用し、上肢機能・手指巧緻性の向上を目的に介入します。

④重症心身障害児(者)に対する介入
重症心身障害児(者)に対し、生活の質を向上させる事を目的に、遊びや日常生活活動を中心とした作業を通して、運動や認知機能の発達を目指します。

このページのトップへ


言語聴覚療法

言語聴覚療法では生まれつきや病気・事故などで障がいとなった方を対象に、主にコミュニケーションや嚥下(飲み込み)に対しての支援をしていきます。

- 当院言語聴覚療法室 -
- 業務内容 -
主に言語聴覚療法、摂食機能療法といった個別療法を実施しております。

①一般病棟
神経変性疾患や脳血管障害により、コミュニケーションや飲み込みが困難になった方に対して評価・訓練を実施しております。
以前より「声が小さくなった」「呂律がまわらない」など疾患の特徴に合わせて適切な支援を選択していきます。
また、ムセが多くなり、口から上手に食べられないという方に対して、飲み込みの訓練を実施し、さらに嚥下造影検査を行い、適切な姿勢や食事形態の選択を行います。


②重症心身障害児(者)病棟
食べたり飲んだりする機能が未発達なため、口を開けたまま飲み込む・丸呑みする・噛まないなど上手に食事がとれないことがあります。そのような方に対して、評価し、発達を 促せるように訓練を実施しております。

③その他
NST(栄養サポートチーム)委員会、摂食機能療法プロジェクトチーム委員会に参加し、他職種と連携を深め、チームを組んでアプローチを行なっています。
また、言語聴覚療法部門内での勉強会や、院内での講習会を行い、言語聴覚士の視点からより良いサービスを提供できるよう啓蒙活動を行っています。

人が人らしく生活するうえでコミュニケーションや食事は欠かせません。「言葉が話しづらくなり、伝えたいことが伝えられなく、もどかしく悔しい」、「人工呼吸器管理でも口から食べたい、食べることで生きている感じがする」など患者様が訴えた事に対して真摯に向き合い、どうしたらコミュニケーションが成立するか、どうしたら一口でも口から食べることができるかを模索し、患者様とそのご家族が笑顔になれるよう日々努めています。

コミュニケーションや嚥下に関して何かご質問がありましたらいつでもご気軽にご相談下さい。

このページのトップへ


歯科衛生士

当院における歯科衛生士の業務は、皆さんがよくご存知の ①虫歯や歯周病の予防処置 ②治療のアシスタント ③清掃方法や予防の為の生活習慣指導やリハビリテーションだけではありません。食べる機能に対するアプローチや表情を豊かにするような働きかけ、そして噛み合わせや咀嚼(そしゃく)感覚の回復などにも関わっています。近年、口腔ケアによる感染症の予防効果や口腔機能への働きかけ効果が確認されています。以下にまとめてみました。

- 口腔ケアによる効果 -

口腔環境を改善・口腔疾患や感染を予防
歯科衛生士が行う口腔ケアによって口内細菌の徹底したコントロールが行われ、これらの感染症を防御し疾患の発症、進行及び再発を予防し、誤嚥性肺炎やインフルエンザの予防につなげます。

口腔機能の獲得と維持・回復
口腔ケアにより与える刺激は、口内感覚を高めるとともに、口腔機能全体の維持・回復に重要な役割を果たしています。

意識レベル、全身状態の維持・回復
口腔ケアの実施により心地よさや爽快感が得られるため、傾眠傾向にある方に対して覚醒の機会となります。

- 摂食機能療法 -

摂食機能療法は、摂食機能障害がある方々に対して診療計画書に基づき医師又は歯科医師の指示のもとに言語聴覚士、看護師や歯科衛生士(DH)などが訓練指導を行います。こちらもまず口腔ケア(口腔衛生状態の改善)から介入が始まります。


院内では、摂食機能療法プロジェクトチーム委員会にも参加しています。看護師や言語聴覚士との連携や、ポジショニング・食事動作の問題では理学療法士や作業療法士などの多職種からなるチーム医療を実践しています。評価結果に基づいた専門的かつ効果的な口腔ケアを提供できるようにコーディネイトし、情報を共有しながら口腔ケアの普及に努めています。

栄養管理室のご紹介
管理栄養士2名、調理師4名、委託調理員7名の合計13名

栄養管理室では、食事を通して入院治療への貢献、疾病に応じた食事療法、安全でおいしい食事の提供に努めております。また、入院及び外来の患者様一人ひとりに合わせた栄養食事相談を行っております。

いわき病院のお食事について

入院中のお食事については、管理栄養士2名により栄養管理を行っており、調理師とともに安全でおいしいお食事を365日提供しております。 医師の指示のもと、一人ひとりの患者様の状態を把握し、食事量や食事形態を調整し提供しております。お食事は一般食の他、糖尿病治療の一環であるエネルギー制限食や高血圧食等の特別食、軟らかく食べやすい形態のお食事等があります。年齢、体格、疾病、摂食嚥下機能に応じて患者様に合わせた食事を提供しております。

栄養食事相談
- 入院栄養食事相談 -

入院中の患者様で糖尿病や高血圧、脂質異常症、肥満等の疾病の方を対象に管理栄養士による入院中及び退院後の食事療法についての栄養食事相談を行っております。

- 外来栄養食事相談 -

外来通院中の患者様で糖尿病や高血圧脂質異常症、肥満等の疾病の方を対象に管理栄養士による自宅での食事療法についての栄養食事相談を行っております。

※入院・外来ともに上記疾病以外(嚥下障害、骨粗鬆症他)の食事相談も承っております。また、食事に関しての悩みやお困りのことがございましたら、お気軽に医師や看護スタッフにお申し込みください。

栄養食事相談受付時間
平日
午前
午後
入院 8:30〜12:00 13:00~17:00
外来 8:30〜12:00 13:00~17:00
行事食の紹介

当院では入院中の患者様に四季の変化を目で見て、食べて味わえるような行事食や季節感あふれる料理、旬の食材を取り入れた献立を心掛けております。行事に合わせたメッセージカードも栄養士の手作りで食事に添えております。また、重症心身障害病棟においては年間8回のバスハイキングや院内レクレーションでのお弁当(当院手作り)を楽しんで頂いたり、年1回のクリスマスにはバイキング形式で調理師一同腕を振るった特別メニューを提供しております。

お誕生日リクエスト食

一般病棟に入院されている方を対象として、お誕生日に合わせてリクエスト料理とバースデーカードを添えてお祝いしております。当日には患者様を囲んで病棟スタッフとバースデーソングを歌ったり、記念撮影をさせて頂き、喜びと楽しさで自然に笑みがこぼれる患者様もいらっしゃいます。重症心身障害病棟では月1回のお誕生日会にケーキでお祝いし、誕生日当日にはプチデザートとバースデーカードを添えております。


※患者様個々の状態や食事形態があるため全入院患者様対象の食事内容ではありませんが、できるだけ多くの患者様に食べて頂けるよう工夫しております。

栄養サポートチーム○Nutrition ○Support ○Team

平成22年1月から栄養サポートチーム(NST)を発足させ、患者様の栄養サポートを行っております。栄養サポートチームとは入院患者様の栄養管理、栄養治療を行うため、医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、理学療法士、言語聴覚士等の専門スタッフが力を合わせて適切な栄養管理を行うチーム医療のことを言います。

栄養一口メモの発行
栄養管理室では月に一回「栄養一口メモ」を発行しており、食事 療法や食材の豆知識、健康情報、行事食紹介等を掲載しております。外来掲示板、栄養管理室掲示板、各病棟掲示板に掲示しておりますので、来院される際にはゆっくりご覧下さい。また、正面玄関入り口近くに持ち帰り自由の栄養一口メモを常備 配布しておりますので、興味のある方はご自由にお持ち下さい。

療育指導室のご紹介
療育指導室とは

療育指導室では、重症心身障害児(者)(重い身体障害と知的障害を併せもった方々)に対し、日常生活の援助・指導、療育・保育活動などのサービスを提供しています。また、関係する市町村・児童相談所との連絡調整、入院されている方のご家族との連絡調整、諸手続きの支援なども行っています。上記に加え、在宅支援として短期入所サービスおよび日中一時支援事業の受入窓口にもなっております。

スタッフ

◎ 児童指導員2名(療育指導室長、児童指導員、各1名)
各病棟に1名ずつ配置されており、日常生活の支援・指導、関係機関・関係部署との連絡調整、入院の窓口などを担当します。

◎ 保育士4名(主任保育士1名、保育士3名)
各病棟に2名ずつ配置されており、保育活動、療育活動を中心に日常生活全般の援助を行います。

重症心身障害病棟とは

当院には重症心身障害児(者)がご利用する病棟(重症心身障害病棟)が2ヶ病棟あり、80人の方々が療養生活を送っています。医療法に基づく病棟の機能と同時に、障害者自立支援法に基づく「療養介護施設」の機能も併せもち、福島県より事業指定を受けています。重い障害をもった方々に対し、医師や看護師などの医療スタッフを始め、リハビリや管理栄養士などのコメディカルスタッフ、児童指導員や保育士などの福祉職といった多くのスタッフが連携し、日常生活全般にわたる支援を行っています。


重症心身障害病棟の入院案内はこちら

行事予定
このページのトップへ