外来のご案内
外来担当医表
入院のご案内
採用情報
緊急のお知らせ
ご案内
奨学金制度のご案内
セカンドオピニオンのご案内
退院メニュー食はじめました
壁画デザイン募集
いわき病院公認キャラクター
コラム「頭痛について」
介護職員等による喀痰吸引等研修(第3研修)実施のご案内
介護職員等による喀痰吸引等研修(第3研修)実施のご案内
医療用HAL®を福島県で初の導入
特定保健指導のご案内
移転計画について

○ 移転先
 いわき市小名浜野田字八合

○ 移転の時期
 平成31年2月1日を予定

○ 用地面積
 18,918.14㎡

「移転新病院の完成イメージ」

 当院は、塩屋埼灯台にほど近く、海岸から約100㍍の所に位置する「いわき市平豊間字兎渡路」の地で長年に渡り医療を行ってきましたが、さきの東日本大震災の津波により甚大な被害を被り、より安全で利便性の高い内陸部への移転を計画しておりました。
 今般、「小名浜野田字八合」地内に地権者のご理解のもと無事に移転用地(18,918.14㎡)を確保することが出来ました。
 この移転場所は、いわき市のほぼ中心部で、国道6号線に面し、「フラガール」で有名なスパリゾートハワイアンズにも近く、JR湯本駅・泉駅や常磐自動車道のいわき湯本インターにも車で約 10分という交通の利便性が非常に良いところです。
 移転により、病院を利用される患者さんやいわき市立総合磐城共立病院をはじめとする地域の医療機関との連携においても利便性が高まるものと期待されます。

・・・次の100年に向けて地域医療に貢献・・・
 現在のいわき病院がある豊間の地での医療の始まりは、1919年(大正8)年の福島県立結核療養所回春園からですが、ちょうど100年目の節目の年に「小名浜野田」に移転し、これまで以上にいわき市を中心とした地域医療に、次の100年に向けて貢献していきます。

新築移転地図
アクセスマップ

 を押して大きな地図で見る

空撮動画

移転先を上空からご覧頂けます

再生ボタンを押してご覧下さい

を押すとフルスクリーン



空撮動画

現在のいわき病院を上空からご覧頂けます

再生ボタンを押してご覧下さい

を押すとフルスクリーン

移転新築整備工事の進捗状況について

 太陽が顔を出している時間が日に日に長くなりつつも梅雨の時期を迎える6月に突入する中、新病院の建設は着々と進んでおります。
 6月初めにおいて建築の行程も75%となり、機械設備や電気関係も滞りなく作業を進めています。
 病院棟については外壁塗装も終わり、足場が解体され病院の外観全体が見られるようになり、感動もひとしおとい言ったところです。
 内装についても日一日と壁ボード張が進み、室内の広さが実感できるようになりました。
 外構については東面の整地が終わり、いよいよ舗装が行われる予定です。渋滞していた工事車両駐車問題も少しは緩和されるのではないかと期待しています。
 宿舎棟についても内装の工事が粛々と進み、宿舎回りの足場も来月には外せそうです。
 これから本格的な梅雨の時期に入り、外構の舗装に影響が出ないか心配はつきませんが、今年の9月末の竣工引渡、平成31年2月の開院まで時間が限られてくる中何事も無く順調に進んでいくことを祈るばかりです。
(業務班長)

↑ 病院棟南面外観状況

↑ 病院棟1階ホール工事状況

↑ 病院棟屋上光庭開口部手すり設置状況

↑ 病院棟外構工事状況 東側

↑ 宿舎棟外観

↑ 宿舎棟内装

近隣施設のご案内
いわき市ホームページ
アクアマリンふくしま
いわきららミュウ
スパイゾートハワイアンズ
このページのトップへ